サガントス ドリームパスポートのご案内

Google Webla-tosu.com 

« 広告のお問合せはこち... | トップへ | DFに怪我人が・・・ »

2006年04月12日

TM vs第一経済大学

15:00試合開始予定が15:30になったのを午前中に練習見学へ行った仲間から昼前に連絡が入る。 練習会場ではドリームスの社員さんが見学者に試合開始変更を伝えていたらしい。しかし、一向に公式には試合開始変更の更新がされない。 2時間前に家を出なければならない私にとって当日の試合開始変更などは公式でしか確認できないので公式に出す情報の変更はいち早くして頂きたい。

さて、非常に風が強く曇り空の寒い鳥栖陸に試合開始40分前に到着。 一経の選手達がグランドでウォームアップをしていたのでボーっと見ていた。

【前半】
FW:日高 鈴木
MF:蒲原 廣瀬 山口 村主
DF:竹村 吉田 加藤 小井手
GK:浅井

終始、サガンペース。小井手の調子がさらに上がっていたような気がする。 運動量もハンパじゃないしクロスの精度もGKが出れるか出れないかの微妙なスペースに出すあたり流石だと思った。 それ以外は特に中盤を組み立てるというよりも少ないアピールの場だけあってそれぞれが玉を持ちすぎる感があり、 試合としてはどうなのかなと思った。特に、 蒲原はとにかくドリブル突破に執念を燃やしアーリークロスでも入れればチャンスになるところを必ず2,3人交わしては中央へ切れ込みFWと息の合わないパスを繰り返す。

TM サガン鳥栖vs第一経済大学

 

調子の上がってこない鈴木だが前半早々に蒲原がPA付近で浮いた玉を相手DFの裏へ、 タイミングよく抜け出した鈴木が胸で受け強烈なシュートを叩き込む。

前半7分 鈴木(鳥栖) 1-0

そんな鈴木だがこの試合で結果を出さないといけないと思ったのか気持ちだけが焦り結構オフサイドに引っかかっていた。 練習試合だからと自分に言い聞かせてみていたのだがあまりにも心身ともに寒さを感じてしまった。とにかく全員が玉を持ちすぎ。 パスコースがどんどん狭まったところでのパスだから相手もパスコースを切っているわけで。。

前半?分 一経大 1-1

なんでもないDFから中盤へのパスをカットされバイタルエリアで3人に簡単に回されサガンのDFが振られたところを決められ失点。 確かに今から攻撃だと言う時にパスカットされ出鼻をくじかれたのだが特に足を出すわけでもなくボールウォッチャーになっていた。

【後半】
FW:日高 奈良崎
MF:蒲原 小林 廣瀬 村主
DF:竹村 ユジン 加藤 小井手
GK:田中

TM サガン鳥栖vs第一経済大学

小林が右に入ったことでパス交換から小井手のクロスが攻撃の主体となる。 DFにはユジンが入ったことでかなり安定しており大学生相手にも高さを思う存分活かしていた。 蒲原のドリブルはもはやワンパターン化しており突破ばかりでなくアーリークロスなどを取り入れても良かったなと感じた。 確かに相手DFを引き連れての突破は魅力的ではあるが色々なバリエーションを取り入れると相手DF陣もますます崩れてくれるのではないかと。

後半27分 廣瀬(鳥栖)2-1

このゴールは目の覚めるような素晴らしい流れからのゴールだった。 小井手のアーリークロスを中央に走りこんだ日高がスルーしファーに飛び込んだ廣瀬がダイレクトシュート。まさにクロスの精度、スピード、 連携とこの日一番の見せ場で鳥栖陸で初めて歓声と拍手が起ったゴールシーンだった。

後半43分 小林(鳥栖)3-1

PA前で選手は忘れたが楔にはいり右へ流し受けた選手がさらに右へ流して走りこんだ小林が強烈なミドルシュート。 小林はそれまでのシュートも枠に飛んでいたしキープ力もあったのでかなり存在感があった。ま、 加藤が浦和の闘莉王を思わせるよな最終ラインからドリブルしパス交換をしながらシュートまで行ったオーバーラップを見せる珍しいシーンもあり選手達が必死でアピールしている事がとても感じられる練習試合だった。

TM サガン鳥栖vs第一経済大学

 

小林、小井手が復帰すれば今、懸案となっているサガンの右サイドも安定してくると思う。ただ、 相手が大学生で粘りきれず突っ込んできていたので小林も小井手も簡単に交わしていたという事もあるが2人のプレーをトップで見られる日も近いのかなと思った。 特に小井手のクロスは今のサガンに絶対必要だと感じた。

トラックバックURL


コメント一覧

ドーモ、おひさです。第一経済戦の収穫はまぁまぁだったみたいですね。コバとコイデの復帰は大きいですね。ところで前のヴェルディ戦は・・・・・。まずかったですね・・。きずいたらため息ばかりでした。ボールが回るからってあの試合は・・ むしろヴェルディの試合運びをやってほしかった。ヴェルディ・イレブンには本当に感動させられました。10人なんて関係なく、戦い続ける。みんなで守り、みんなで攻める。これこそサッカーだと痛感させられました
。精度、組織プレー、決定力、勝利への貪欲さ。鳥栖イレブンも見習って欲しいです。

先日はお疲れ様でした。
個人的には廣瀬が良かったなと思っております。

では、また近いうちに鳥栖スタでお会いしましょう~

小島さん>>
一経大戦の収穫ですか??ほとんど無い中で探した程です(汗)
東京V戦は多くの方がそうお感じになられたのではないのでしょうか。ラモス監督をはじめ選手たちも”勝つ”という気持ちが前面に出ていましたよね。東京Vのチーム愛が感じられました。

牟田さん>>
先日はお疲れ様でした。
廣瀬は相変わらず良かったですね。このままの調子でアピールしてトップチームに加わって欲しいです。

よろしければコメントをお願いします

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


上記6桁の数字の入力[半角]をお願い致します。(セキュリティーのため)


WEB制作 | ブログ | 伊万里焼 | FRP | 有田焼 | | 料理 | 風水 | クチコミ | 和風 | 商店街 | 伊万里 | 鍼灸 |